17.3インチ 4k自作液晶

2016年03月09日

購入

panel pcb
自作液晶タブレットをアップグレードする為に
17.3インチ4k(3840×2160 60Hz)液晶ディスプレイを購入しました
パネルはAUOのB173ZAN01.0

数年前からゲーミングノートやモバイルワークステーションにに搭載されていたパネルで
最近日本国内でも同サイズ・同解像度のパネルを搭載したデバイスが出回りはじめました
どいつもこいつも40~50万円くらい

今回はElecRealmから購入
液晶パネル+制御基板+ACアダプタで300USD弱
動作確認済のDPケーブル付

15.6インチ(LTN156FL02-L01)や13.3インチ(LTN133YL01-L01)等の高dpiパネルも取り扱いがありましたが
どのパネルもRGBWペンタイル液晶なので絵を描くのには向かないと判断し除外

動作させるまで

事前に説明された動作環境はRadeon HD77xx以降のみ
(後に4k表示対応GeForceでも動作確認が取れたが、MS認証ドライバ+UEFIモード必須)

所持していたHD5770やHD6950でテスト
DP1.2未満の環境でも4k 30Hz出力は可能、運が良ければ画面は出ると思い試すも×
最低解像度640×480しか対応しない上、パネルの表示可能解像度は800×600なので表示すら出来ない

知人の家のR9 270Xでは安定動作、DP/HDMI/DVI/DVI 4系統同時接続でも問題なし(同時出力は3系統まで)

新規に追加したHD7770にて動作確認
グラフィックカード付属のminiDP→DP変換コネクタのシールドが弱く、4k 60Hz表示は出来るがノイズまみれ
変換コネクタを挟まない4k表示対応のケーブルに交換、ノイズは減ったがまだ実用には耐えない
HD7770からの出力を同4kパネルのみとし、他の出力は別のグラフィックカードで行う事でようやく安定

教訓

4k表示をしようとして古いカードを買うのはやめよう

動作確認

視野角
angle
極端な色化けは発生しないが、視点位置によって多少暗くなる
絵の着色や、印刷物との色比較程度なら問題は無さそう

色域・発色バランス
color
左から最低輝度・最大輝度・目標値120cd
最近の液晶としては標準的、色域はSRGB超、AdobeRGBにちょっと届かない位
輝度によって赤の発色が多少変化

消費電力
最低輝度で7-8w、最高輝度で16-17w程度

液タブ化

液タブ化はこれから
以前作ったiPad液晶と同様シールドを剥がす必要あり
手に入れにくいパネルな上、そこそこお高いので割ったら泣く